スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に(スポーツ報知)

 民主党・蓮舫参院議員(42)が20日、都内で行われた政府の行政刷新会議「事業仕分け」第2弾の後半戦初日でタカビーキャラ復活の兆しを見せた。

 「運転免許の更新時講習」など6事業の仕分け人を務めた蓮舫氏は、法人担当者に「根拠を教えていただけますか!?」「丁寧に言っていただけますか!?」「思う、じゃ困ります」と厳しい口調を連発。昨年の第1弾に比べ、第2弾は控えめな態度を貫いていた「必殺仕分け人」だが、徐々にヒートアップしてきた様子だ。

 また、日本創新党の参院選公認候補が「民主党が仕分けされるべきだ」と騒ぎ、退出させられる一幕もあった。

 【関連記事】
仕分けじゃ見せない!?蓮舫氏が笑顔…ベストマザー賞
空港駐車場は抜本見直しを…事業仕分け
橋下氏「徹底的にやって」…事業仕分け

三原じゅん子 街頭演説また“水入り”「雨はヤバいよ、晴れにしな」(スポーツ報知)
<尾瀬>山開き 遅い雪解け、残雪の合間からミズバショウ(毎日新聞)
豪華施設、有価証券…裕福な仕分け対象公益法人(読売新聞)
将棋 現役最高齢棋士の有吉九段引退 「火の玉流」の異名(毎日新聞)
顧客口座から預金詐取 ソニー銀行元行員を逮捕(産経新聞)
スポンサーサイト

レジ袋6557万枚を削減! 九州7県、今年度もキャンペーン (産経新聞)

 レジ袋削減によるごみ減量に共同で取り組んでいる九州7県は13日、今年度の「九州統一マイバッグキャンペーン」の参加店舗を募集すると発表した。各店は、レジ袋の有料化、袋を受け取らなかった客への現金還元といった独自の取り組み内容を各県に報告。強化月間に位置づけられた10月の1カ月間、県から送付されたポスターやステッカーを掲示してレジ袋削減に取り組む。

 九州地方知事会での合意に基づき、平成19年度から実施している取り組み。7県にある店舗であれば参加が可能で、具体的な取り組み内容を申告書に記載、5月28日から7月30日までに各県の担当課へ提出する。

 各県は、実施後に各店舗から提出された報告書を集計し、どの程度のごみ減量につながったかを数値化。昨年度は全県で5898店が参加し、二酸化炭素排出量約3934トン分にあたる計約6557万枚のレジ袋が節約されたという。

 各県の問い合わせ先は次の通り。

 福岡県循環型社会推進課((電)092・643・3371)▽佐賀県地球温暖化対策課((電)0952・25・7474)▽長崎県未来環境推進課((電)095・895・2511)▽熊本県廃棄物対策課((電)096・333・2277)▽大分県地球環境対策課((電)097・506・3124)▽宮崎県循環社会推進課((電)0985・26・7081)▽鹿児島県廃棄物・リサイクル対策課((電)099・286・2594)

【関連記事】
マイバッグ悪用…万引相次ぐ エコ逆手に
マイバッグをスポッと収納 小5が特許取得へ
ブランドショッピングバッグ 知名度アップ効果も期待
エコポイントがスタート 家電量販店ら期待高まる
ごみ収集「レジ袋禁止」苦情殺到で方針転換 浜松市
少子化を止めろ!

日中韓首脳会談5月29・30日、正式決定(読売新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
<猫虐待>25歳男を書類送検 「鳴き声うるさかった」(毎日新聞)
巨大温度計 最高気温45度までOK 埼玉・熊谷に設置(毎日新聞)
<宝くじ>収益が天下り法人に 年360億円超(毎日新聞)

難しい言葉多く、意味は?…子ども手当申請書(読売新聞)

 「被用者」「監護」――? 仙台市が市民に発送した「子ども手当」の申請書について、「なじみのないお役所言葉が多く、意味が分からない」という問い合わせが市のコールセンターに相次いでいる。

 厚生労働省が示した書式に倣ったものだが、市は「準備期間が少なく、分かりやすい言葉に言い換える余裕がなかった」と釈明している。

 市の申請書は、手当を受けるのに新規の手続きが必要な約3万2000世帯に送られた。「分かりにくい」と指摘されたのは、〈1〉職業欄の「被用者」「被用者等でない者」〈2〉対象児童の状況を記す欄の「監護の有無」――の主に2か所だ。

 やさしい言葉で言い換えると、被用者は「会社勤めの人」、監護は「親など手当を請求する人自身が子どもを育てていること」となる。市の担当者も「この係に来るまで聞いたこともなかった言葉だ」と明かす。ほかにも申請の手引書に「懐胎」(妊娠の意味)など、お堅い言葉が散見される。

 市民からの問い合わせは、申請書の発送前は1日60件ほどだったが、書類が各世帯に届いた先月23日には718件に急増した。26日には1883件まで跳ね上がり、その後も1日に数百件ある。多くが「難しい言葉が多く、意味が分からない」といったものだ。

 厚労省は「法律用語を使ったので、分かりにくい面は確かにある。言い換えるかどうかは自治体の判断」(子ども手当管理室)としている。

 ◆やさしく言い換えた自治体も◆

 宮城県内では岩沼市が独自に工夫して申請書の記入例を作っている。被用者は「サラリーマンの方」、監護は「請求者が子どもを監督し、保護していること」などと解説を付けた。石巻市でも独自の説明書をつけたが、それでも「監護の有無」の欄が未記入のまま提出された例があったという。お役所言葉が市民にとって心理的なハードルになっているようだ。

 仙台市の子ども手当申請書を巡っては、不要な個人情報の記入欄を直さなかった問題が発覚している。行政には、より市民の目線に立った対応が求められる。

新潟・群馬県境の巻機山、男女5人下山せず(読売新聞)
米軍訓練の分散移転へ調整=10日に閣僚会議(時事通信)
豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
鶴見川に女性の袋入りの遺体 死体遺棄で捜査 (産経新聞)
「全日空商事」元社員ら、8600万円の詐欺で逮捕 架空業務発注(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。