スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレクサンドル・ヴォルコフ (宇宙飛行士)

アレクサンドル・ヴォルコフ(Aleksandr Aleksandrovich Volkov、ロシア語:Алекса?ндр Алекса?ндрович Во?лков、1948年5月27日-)は、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ゴルロフカ出身の宇宙飛行士である。ソユーズT-14、ソユーズTM-7、ソユーズTM-13のミッションに参加し、391日と11時間52分を宇宙で過ごした。13歳の時に、ヴォルコフはユーリイ・ガガーリンが人類初の宇宙飛行を行うのを目撃し、宇宙飛行士になりたいと思った。彼はソビエト連邦の宇宙プログラムに参加し、テストパイロットになることで自分の夢を実現した。ミール上では、彼はドッキングの制御を担当した。ソビエト連邦が1991年に崩壊した時点で、ヴォルコフはセルゲイ・クリカレフとともにミールに滞在しており、「最後のソビエト人」になった。ヴォルコフらはソビエト人として打ち上げられ、ロシア人として地球に帰還することになった。ヴォルコフにはソ連邦英雄、ロシア連邦英雄、レーニン勲章等、いくつかの勲章が贈られている。1991年1月から1998年8月までは、宇宙飛行士訓練センターで宇宙飛行士チームの長として働いた。彼の貢献は、将来のロシアやその他の国の飛行士がミールや国際宇宙ステーションで働く手助けとなった。息子のセルゲイ・ヴォルコフも2008年4月8日のソユーズTMA-12で初めて宇宙飛行をした。親子で宇宙飛行士になったのはロシア人で初めてのことであった。外部リンクSpacefacts biography of Aleksandr Volkov 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%95_(%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A3%AB)」より作成カテゴリ: ソビエト連邦の宇宙飛行士 | 1948年生 | 存命人物

新規技術1件を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)
天井に飛ぶ乗客、渦巻く悲鳴…乱気流の機内(読売新聞)
「歩行者天国に突っ込んで多くの人を」計画は恐怖で3度躊躇(産経新聞)
<自殺?>中3男子14階から 遺書メール後に 愛知・岡崎(毎日新聞)
<もんじゅ>再開容認へ 「安全性確認検討会」評価書案審議(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。