スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米有識者56%「中国が重要」=「日本」は36%、四半世紀ぶりに逆転―外務省調査(時事通信)

 外務省は1日、米国で実施した対日世論調査の結果を発表した。政財官界などの有識者に「アジアにおける最も重要なパートナー」を聞いたところ、中国との回答が前年比14ポイント増の56%でトップ。2番目が日本の36%で、前年より8ポイント減少した。この調査で、中国が日本を上回るのは1985年以来。外務省は「強まる米中の経済的な関係を反映した結果」と受け止めている。
 調査は、2月から3月にかけ、外務省が米ギャラップ社に委託し、18歳以上の一般国民1201人、各界202人の有識者を対象に電話で行われた。調査は60年以来、ほぼ毎年実施している。 

<岡本倶楽部事件>弁護士会が電話相談と被害者説明会開催へ(毎日新聞)
舞踏家の大野一雄さん死去=国際的に活躍、「私のお母さん」など(時事通信)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
「酪酸問題ないと思った」 シー・シェパード事件元船長被告人質問(産経新聞)
新首相の「脱小沢」に警戒 自民(産経新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。